札幌観光におすすめの公園特集

公園Topics

札幌観光におすすめする公園の条件は

  • 公共交通機関を利用してアクセスできること
  • 移動時間が短い、札幌中心部近郊であること
  • 1年を通して観光が可能でありイベントが開催されていること

この3つが当てはまる公園を紹介します。

大通公園:中央区

大通公園は、観光だけではなく、札幌市民も普段から利用する、札幌を代表するスポットです。

大通公園の特徴は、札幌市の歴史から遊びまで、そして大人から子供まで、幅の広く利用できて楽しめます。

また、1年を通して様々なイベントが開催されているので、どの季節でもイベントを体験する事が可能です。

特に有名な大きなイベントを紹介します。

2月さっぽろ雪まつり
5月さっぽろライラックまつり
6月YOSAKOIソーラン祭り
7月さっぽろ大通ビアガーデン
SAPPORO CITY JAZZ
SAPPORO CITY JAZZ
8月さっぽろ大通ビアガーデン
SAPPORO CITY JAZZ
SAPPORO CITY JAZZ
9月さっぽろオータムフェスト2018
10月さっぽろオータムフェスト2018
11月
ミュンヘン・クリスマス市 in Sapporo
12月
ミュンヘン・クリスマス市 in Sapporo

大通公園の詳しい公園情報は、「大通公園:中央区」の記事で詳しく説明しています。

大通公園:中央区 アクセス(交通手段)

郵便番号〒060-0042
住所札幌市中央区大通西7丁目
クリックするとgoogleMAPが開きます
JR札幌駅、地下鉄さっぽろ駅徒歩10分程度
地下鉄大通駅大通公園へ直接出られる地下鉄出口が設けられています

大通公園は、札幌市の都市部の中心にある公園のため、非常にアクセスが良い立地にあります。

札幌の都市部を観光される場合は、大通公園を観光する目的ではなくても、大通公園へアクセスする事になるくらいの立地環境に、大通公園は作られています。

また、大通公園には、札幌を紹介する時にテレビなどでも多く映る「テレビ塔」が併設されています。

少し離れた場所からでもテレビ塔が見える事が多いため、テレビ塔を目指せば大通公園へたどり着くことも可能です。

大通公園:中央区 公園内ゾーン案内

大通公園内は、5つのゾーンに分かれています。

国際交流ゾーン姉妹都市のシンボルが地模様になった、国際親善の空間です。
水と光のゾーン水と光の演出でオアシスゾーンにふさわしい安らぎの空間です。
遊び・イベントゾーンプレイスロープや遊具、コンサート会場が設置されたアクティブな空間です。
歴史・文化ゾーン開拓を記念した像などが設置されています。
サンクガーデンゾーン中央にカナール(水路)を配置したバラを中心とする沈床式の空間です。

大通公園:中央区 子供が遊べる遊具・遊水路エリア

子供と一緒の観光の場合でも、大通公園には、子供が楽しめる遊具・遊水路が設けられたエリアが設けられています。

遊具・遊水路が設けられたエリアは、大通公園の9丁目にあります。

コンビネーション遊具を含む複数の遊具、水遊びができる遊水路があり、子供は1日中飽きずに遊ぶことが出来ます。

大通公園の詳しい公園情報は、「大通公園:中央区」の記事で詳しく説明しています。

大通公園:中央区
概要 5つのゾーン案内国際交流ゾーン姉妹都市のシンボルが地模様になった、国際親善の空間です。水と光のゾーン水と光の演出でオアシスゾーンにふさわしい安らぎの空間です。遊び・イベントゾーンプレイスロープや遊...

北海道庁旧本庁舎(赤れんが庁舎):中央区

北海道庁旧本庁舎(赤れんが庁舎)は、北海道を象徴する観光スポットのひとつ言えます。

「赤れんが」の愛称でも知られる、煉瓦づくりの西洋館となっています。

敷地内には、複数の花壇や様々な種類の樹木が植えられていて、四季を通して景観を楽しむことが可能です。

正門開閉時間7時〜21時
開館時間8時45分~18時
入館料無料
オフィシャルHPhttp://www.pref.hokkaido.lg.jp/sm/sum/sk/akarenga.htm
休館日年末年始(12月29日~1月3日)
問い合わせ北海道庁旧本庁舎(赤れんが庁舎)
TEL 011-204-5019(ダイヤルイン/平日8:45〜17:30)
TEL 011-204-5000(北海道庁本庁舎中央司令室/土・日・祝)

北海道庁旧本庁舎(赤れんが庁舎):中央区 アクセス(交通手段)

郵便番号〒060-8588
住所
北海道札幌市中央区北3条西6丁目
クリックするとgoogleMAPが開きます
JR札幌駅、地下鉄さっぽろ駅徒歩5分程度
地下鉄大通駅徒歩10分程度

JR札幌駅南口の駅前通りを大通方向へ移動する際、西を見ていれば必ず「赤れんが」の北海道庁旧本庁舎が目に入ってきます。

大通公園側からは逆に、東側を見ながら札幌駅方面へ歩いていると、「赤れんが」の北海道庁旧本庁舎が必ず目に飛び込んできます。

初めて「赤れんが」の北海道庁旧本庁舎を見た方は、イメージしているよりも「赤れんが」を感じられるはずです。

北海道庁旧本庁舎(赤れんが庁舎)の詳しい公園情報は、「北海道庁旧本庁舎(赤れんが庁舎):中央区」の記事で詳しく説明しています。

北海道庁旧本庁舎(赤れんが庁舎):中央区
概要 見取り図赤れんが前庭に植えられた、100種類の樹木の場所を確認する事ができます。 開閉スケジュール開扉閉扉4月〜11月7:0021:0012月〜3月7:0021:00 東門(...

豊平公園:豊平区

豊平公園の詳しい公園情報は、「豊平公園:豊平区」の記事で詳しく説明しています。

豊平公園:豊平区
概要詳細(公園案内図)大規模な公園のため、公園内の案内図が複数ヶ所に設置されています。公園内で迷ってしまった場合は、公園案内図を探すようにしましょう。遊具広場パノラマによる遊具広場全体。パノラマによるの全体。...

コメント

タイトルとURLをコピーしました